大生電子株式会社

taiseipage_001

「大生電子株式会社」では、早くから3DCADを導入し、

三次元機械加工をおこなっております。

 

マシニングセンター・フライスを駆使し、自動車用骨格板金プレス金型のインサートブロック加工、建設用部品加工、治具製作などの切削加工を行い、県内のみならず県外からご注文を頂いております。鉄系の工具を多数有し、加工内容は穴・溝加工を得意としております。受入・工程・出荷検査を実施、異常報告の分析など、品質と納期を重視した運用で、お客様に満足頂くよう日々励んでおります。

 

主な鋼種:

SS400、S50C、SKD11、HMD5、ダイス鋼、フレームハード鋼など

大生電子

 

 

 

 

 

IMG_0046 IMG_2207 IMG_1438 IMG_0050

IMG_2546 IMG_2215

 

大生電子株式会社のあゆみ

2000年 4月 大生電子株式会社設立 資本金1000万円
2000年 9月 品質保証の国際規格(ISO9002)認証取得(JQA-QM5304)
2001年 12月 工場を東近江市沖野に建設、工場敷地内に宿泊研修施設「大生庵」を建設
マシニング・NCフライス・ワイヤーカットなどの機械設備の導入
機械・金型部品加工事業開始
2002年 1月 高尾金属工業(現ジーテクト(株))と取引開始
2002年 4月 京都応用精工(現イーテック・プレシジョン(株))と取引開始
2002年 11月 地球環境保護の国際規格(ISO14000)認証取得(JQA-EM2767)
2002年 12年 品質保証の国際規格2000年版(ISO9001:2000年版)への
「登録変更/更新」終了
2003年 4月 ロータリー研磨盤導入
2003年 5月 (株)ファインシンターと取引開始
2003年 8月 前田鐵鋼(株)と取引開始
2004年 10月 日立金属工具鋼(株)と取引開始
2005年 9月 大同アミスター(現 大同DMソリューション(株))と取引開始
2006年 10月 最新型マシニング・森精機NV5000導入
2007年 6月 (株)丸順と取引開始
2007年 8月 インフルエンザ用マスクの製造開始
2009年 2月 東近江市愛東町(小川良愛東工場敷地内)に移転
2013年 12月 横型マシニング・森精機 NH5000を1台導入
2015年 7月 KIWAマシナリー製縦型マシニングを2台導入
2017年 8月 森精機立型縦型マシニング 1台およびオークマホーワマシニング 1台を導入

主要設備

■縦型マシニングセンタ ・森精機 NV5000α1(x1020y510z510) 2台
・OKK VM5Ⅲ(x1020y510z510) 1台
・OKK VM5Ⅲ ハイコラム(x1020y510z510) 1台
・KIWA Triple V21i-R(x610y410z510) 2台
■横型マシニングセンタ ・森精機 NH5000(x500y500z700) 1台
■NC縦フライス ・山口鉄工 YMV-45NA 1台
・静岡鉄工 ST-NR 1台
■汎用フライス ・山口鉄工 YMV-1000 1台
■ラジアルボール盤 ・オガワ HOR-D1400 1台
■CAD/CAM ・JBM Master3D-CAM
・JBM Master2D-CAM
・日本ユニシス CADMeister
・ナスカ・プロ CAD/CAM
・ONE CNC CAD/CAM
■XY2軸測定顕微鏡 ・ニコン S9438 MM-11(100x50mm、1u) 1台

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

0749-46-1222

受付時間 8:00~16:45(平日)