マスク製造機廃却に向けて

2019年12月27日

2005年にインフルエンザが流行し、クリーンルームを完備していた事から知人の紹介でインフルエンザ用マスク機械を導入し生産開始する事になりました。数年稼働しそして流行と終息と共に設備も停止。その後10年の月日が経った今日。当社では様々な事業を展開し、場所も限りがあると言う事で、マスクの設備は廃棄する事が正式に決まりました。さようならマスク機。

 

 

japan 日本 shiga 滋賀 higashioumi 東近江 mask マスク ogawayoshi 小川良